土地にかかる固定資産税について!

土地を購入した場合、固定資産税という税金がかかることを知っていますか?固定資産税は土地や家屋にかかってくる有形償却資産となっています。固定資産税の金額は申告によって課税を行う仕組みとなっています。

固定資産税の賊課期日は毎年1月1日と決まっています。その間で売買が行われても1月1日に所有していた人が固定資産税を支払うという仕組みになっています。ですので、土地の売買を行う際には、1月1日がキーポイントになってきますよね。

そんな固定資産税の算出方法は都道府県や市町村によって税率は設定されます。標準税率という基準があったのですが、今では廃止されています。ですので、住んでいる地域によって税率の設定は違うことを知っておきましょう。

土地を購入する際には、購入しようとしている土地の税率を事前に調べてみると良いですよね。また、固定資産税は建物や土地が古くなっていくと次第に安くなってきます。年に1度の支払いで利用している人も多いようですが、月割りの相談をすれば、毎月の固定資産税を支払うことができるようです。

これから建物や土地を購入しようかと考えているみなさんへ、建物や土地には固定資産税という税金がかかってくることを知っておいてほしいと思います。

This entry was posted in 不動産・賃貸. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>